読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数学的にどうなのさ?

大学時代にちょっと長く数学を勉強した人の雑記。数学のこと(主に統計)や趣味、メモなどが多くなります

今更Rのインストール方法まとめ

R

出張先のホテルの暇つぶしにノートPCを持って行ってるんですが、Windows10にアップデートする際に空き容量確保でいろいろとアンインストールしたのですが、再インストール忘れが結構ある。

というわけでRのインストールまとめです。

1.インストーラーのダウンロード

以下のサイトにアクセスして、

https://www.r-project.org/

左のメニューのダウンロードをクリック。

f:id:lua0810:20160808213541p:plain

いろんなミラー先を選べますが、Japanを探し出して、どちらかのURLをクリック。

f:id:lua0810:20160808213808p:plain

各自のOSに合ったものから選ぶ。

f:id:lua0810:20160808214003p:plain

次のページで一番上のbaseを選択。複数バージョンインストールする場合もbaseを選択する。

f:id:lua0810:20160808214308p:plain

次のページの Download R X.X.X for XXXXXをクリックするとダウンロード開始。

f:id:lua0810:20160808214502p:plain

2.インストール

ダウンロードしてきたファイルを実行します。

基本的にデフォルトのままで大丈夫でしょう。

3.パスの設定

インストール先のbinフォルダをパスに追加します。追加の仕方がわかんない人は調べてください。

4.開発環境のインストール

RStudioしか使ったことないですが、不便に思ったこともないのでこれを使います。

https://www.rstudio.com/home/

にアクセスしてDownload RStudioをクリック。

f:id:lua0810:20160808215204p:plain

フリーライセンスのものを選択。さすがに他のものは使ったことがないのでどんなものかはわかりません。

f:id:lua0810:20160808215447p:plain

すると下のページのダウンロードリンクに飛ばしてくれるので、利用中のOSにあったものを選択。

f:id:lua0810:20160808215633p:plain

ダウンロードが始まり、終了したらダウンロードしてきたインストーラーを実行。

これまたデフォルトでいいでしょう。お好みで変えてもいいかもしれませんが。

5.RStudioの設定

インストール先のbinフォルダ内のRStudio.exeを実行。これはショートカットを作っておくのを推奨します。インストーラーが勝手に作ってくれればいいのですが、作ってくれません。

ToolsのGlobal Optionsを選択し、GeneralのR versionをインストールしたRのディレクトリを選択。これで終了。